閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
コバルト ニッケル
2021年6月15日 シドニー Whatmore康子

豪:Queensland Pacific Metals社、QLD州TECHニッケル・コバルトプロジェクトにおいて韓LG社及び韓POSCO社とオフテイク契約を締結

 2021年6月8日付けの地元メディアによると、豪Queensland Pacific Metals(QPM)社は、同社の進めるQLD州Townsville Energy Chemicals Hub(TECH)ニッケル・コバルトプロジェクトにおいて、Ni、Coを供給するオフテイク契約を電化製品企業である韓LG社の子会社LG Energy Solution(LGES)社及び韓POSCO社と締結したことを明らかにした。QPM社はこのオフテイク契約に基づき、今後7年間においてLGES社にNi及びCo含有量でそれぞれ7千t及び0.7千t、POSCO社に3千t及び0.3千tの混合水酸化物(MHP)または硫酸ニッケル、硫酸コバルトを供給するとしている。QPM社は、TECHプロジェクトにおいては硫酸Niと硫酸Coの商業的な生産の認可手続きに今後9~12か月間を要するため、同オフテイク契約においてはこの手続きが終了するまではMHPによる供給を行い、その後においては硫酸Niと硫酸Coによる供給を行うとされている。また、LGES社及びPOSCO社は、QPM社の新株をそれぞれ10.5mUS$及び4.5mA$取得する契約をQPM社と締結しており、この契約に基づき、QPM社の株式をそれぞれ7.5%及び3.5%保有することになるともされている。

ページトップへ