閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
リチウム
2021年6月17日 サンティアゴ 兵土大輔

アルゼンチン:Alpha Lithium社、Hombre Muerto塩湖で鉱区を追加取得

 2021年6月15日付けにて、Alpha Lithium社は、Hombre Muerto塩湖(Catamarca州)において、個人の鉱区所有者から所有権獲得に関し合意に達したと発表した。本契約には第3者ロイヤルティは含まれておらず、個人鉱区所有者に対し750kUS$支払うことで、鉱区287haの所有権を100%獲得できるという。Hombre Muerto塩湖は、かん水中にリチウム濃度が高いことや不純物が少ないことから、チリのAtacama塩湖に匹敵する有望エリアと言われており、Livent社、Galaxy社及びPOSCO社等がリチウム開発のため数bUS$の投資を行っている。
 なお、Alpha Lithium社は2021年5月18日、Hombre Muerto塩湖のうち未開発の鉱区3,800haの所有権をArgentina Prime Holdings社から100%獲得する基本合意書(LOI:Letter of Intent)を締結しており、同塩湖において計4,087haの鉱区を取得することになる。

ページトップへ