閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2021年6月17日 モスクワ 秋月悠也

ロシア:VEB.RF等がUdokan銅鉱床開発第2フェーズの資金調達を検討へ

 2021年6月3日付けの地元報道等によると、Udokan銅鉱床開発第2フェーズの費用は約4bUS$となる。その資金調達に関する協力覚書が、2021年6月、サンクトペテルブルク国際経済フォーラムにおいて、Udokan Copper社(プロジェクトのオペレータ、USM Holdings傘下)とVEB.RF、Gazprombank、Sberbankとの間で締結された。プロジェクトは、VEB.RFが運営するプロジェクト・ファイナンス・ファクトリーに基づき実施される見込み。Udokan鉱床開発第2フェーズでは、第1フェーズの1,200万tに加え、年間約2,400万tの鉱石処理を予定している。
 コンビナート第1フェーズの鉱石年産能力は1,200万tで、第1フェーズの総予算は約2.9bUS$、VEB.RF、Sberbank、Gazprombankによる融資総額は約1.8bUS$である。操業開始は2023年を予定している。
 Udokan鉱床の鉱石を処理するUdokan採鉱製錬コンビナートをザバイカリエ地方に建設するプロジェクトは、Udokan Copper社が実施している。Udokan鉱床はロシア最大の未開発銅鉱床であり、JORC規定による銅の資源量は2,670万t、埋蔵量は1,510万t、ロシア式分類による銅の埋蔵量は2,010万t、資源量は2,730万tである。

ページトップへ