閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2021年6月17日 ジャカルタ 川村伸弥

インドネシア:PT Mitra Stania Prima、RMAP認証を取得し、堅調な錫の輸出実績を上げる

 地元メディアが2021年6月13日に伝えたところによると、インドネシアのBangka Belitung州の錫鉱山会社PT Mitra Stania Primaは、責任ある鉱物保証プログラム(Responsible Minerals Assurance Program, RMAP)への取り組みもあり、堅調な錫の輸出実績を上げている。同社の錫製品に対するRMAP認証は、RMAPに加盟しているNike社やTesla社といった世界的な錫の消費者から好意的に受け止められている。同社は、錫製品を欧州、米国、アジアに輸出しており、2020年の輸出量は3,299tで、Bangka Belitung州政府が発行した同社の2020年作業計画・予算で設定された3,300tの目標とほぼ同量であった。
 また同社は、2017年6月8日からロンドン金属取引所に登録している錫取引のブランドを更新中であり、順調にいけば2021年中にプロセスを終了できると述べている。
 同社は、Bangka Belitung州で操業する2つの錫の子会社、PT Mitra Stania KemingkingとPT Mitra Stania Bembanを所有している。

ページトップへ