閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2021年6月17日 ジャカルタ 川村伸弥

インドネシア:PT Merdeka Copper Gold、Tujuh Bukitで有望な銅・金鉱床を確認

 地元メディアが2021年6月14日に伝えたところによると、インドネシア証券取引所(IDX)上場の金・銅鉱山会社PT Merdeka Copper Goldは、East Java州のTujuh Bukit銅プロジェクトで、銅及び金の有望な鉱床を確認したと報告した。同社によると、今回の確認結果にはこれまでで最も厚い鉱床も含まれているとしている。
 同社のSimon Milroy副社長は、0.8%の銅と1g/tの金を含む鉱床を発見しており、今後鉱床の全容を確認する予定と述べた。Tujuh Bukitでは地下掘削作業を継続しており、2021年にはさらに33,000mの地下掘削が予定で、プレFSは、2022年第1四半期に完了する予定。
 同社は、Tujuh Bukitから70~90千t/年の銅と200~300千oz/年の金を生産することができると見込んでいる。操業期間は20年以上を予定しており、さらなる拡張の可能性もある。

ページトップへ