閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
亜鉛 アルミニウム/ボーキサイト
2021年6月21日 北京 塚田裕之

中国:国家備蓄放出、銅価格への中長期的な影響は限定的

 2021年6月16日付け報道によると、同日、国家糧食・物資備蓄局(以下、国家備蓄局)による国家備蓄放出が公告(2020年6月21日付 ニュース・フラッシュ:国家糧食・物資備蓄局、銅・アルミ・亜鉛の国家備蓄の放出を公告参照)され、銅・アルミ・亜鉛等の非鉄金属価格と関連上場企業の株式が大幅に下落した。
 上海鋼聯有色事業部聯席総経理の李琦氏は、現在までのところ、国家備蓄局は、今回放出する銅・アルミ等の放出数量や放出日、放出回数等の詳細について未公表であると述べた。
 同氏によると、2021年3~5月、銅在庫は増え続けていたが、2021年6月以降は減少傾向となっている。国家備蓄の放出が始まれば、在庫の減少は止まり、増加に転じ、銅価格に一定の圧力を与える可能性がある。
 銅の国家備蓄について、これまで国家備蓄局は、2005年末に一度だけ放出したことがある。放出規模は5.12万tであった。当時、銅価格は高騰しており、国家備蓄局は3%程度のプレミアム価格で放出し、放出後も銅価格は高値が持続した。
 2010年10~11月、国家備蓄局は、マグネシウム(放出規模2,739.74t)、亜鉛(同9.58万t)、アルミ(同5万t)等の放出を行ったが、その後、国備放出に関する情報は無い。
 2006年以降、国家備蓄局は銅を買入れ、備蓄を増強、国家備蓄の銅買入れ量は2009年に60~70万t、2013~2016年に85~110万tであった。2020年の海外からの買入れ量は25~35万tであった。
 我的有色網のデータによると、現在、国家備蓄局の銅備蓄量は約180~200万tである。
 方正中期先物研究レポートによると、2005年、国家備蓄局が銅の放出を行った際、中国の経済成長率は10%を上回っており、需要で価格を支配していた。現在の銅価格が高騰する要因は、需給のミスバランスや金融緩和によるものである。また、同レポートによると、今回の国家備蓄放出は、銅現物市場の現物不足や、最下流メーカーの負担緩和が目的であるという。
 現在、銅の需要は依然旺盛である。上海有色網によると、最近、銅エナメル線メーカーからの発注はやや低減したが、例年の平均レベルより上回っている。長期的には、銅の需要が継続するとみられている。

ページトップへ