閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
チタン
2021年6月23日 モスクワ 秋月悠也

ウクライナ:ウクライナ政府、UMCC社売却の入札条件を承認

 2021年6月16日付けの地元報道等によると、ウクライナ政府はUnited Mining and Chemical Company(UMCC社)の売却に関する入札条件を承認し、開始価格を3.7bUAH(ウクライナ・フリヴニャ)に決定した。
 ウクライナ政府は2016年8月、UMCC社を2017年の民営化対象企業リストに入れたが、民営化のスケジュールは何度か延期されている。現在、ウクライナ国有財産基金は、この入札が2021年8月に実施されると発表している。入札に向けて、インド、トルコ、米国、日本、豪州、シンガポールなど、10社以上の潜在的購入者と秘密保持契約が締結されている。
 民営化入札の財務条件には、同社の近代化に400mUAH以上を投資すること、売却時点までに配当金の支払いがない場合、2020年及び2021年の配当金を国に支払うことが含まれる。他の条件としては、6か月以内に従業員を解雇しないこと、従業員に福利厚生を保証すること、公共事業体に水を提供することなどがある。
 UMCC社は、30か国以上に製品を販売しており、世界市場の4%を占める世界最大級のチタン原料メーカーである。主な販売先は、EU、中国、トルコ、米国、アフリカ諸国である。同社の鉱石採掘によるチタン年産量は20千tである。UMCC社の2020年の純利益は前年比4.2倍増の369.18mUAH、収益は11.5%減の3.12763bUAHであった。

ページトップへ