閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
鉄鉱石 マンガン
2021年6月28日 リマ 初谷和則

ペルー:Rio Seco銅製錬所プロジェクト、環境影響詳細調査の審査継続

 2021年6月21日付け現地紙によると、Procesadora Industrial Rio Seco社(Buenaventura社子会社)が、2020年11月にRio Seco銅製錬所(Lima州)の建設を目的として持続可能環境投資許可庁(SENACE)に提出した環境影響詳細調査(EIA-d)は、現在も審査が継続している。
 SENACEによれば、本EIA-dに対しては農業灌漑開発省(MIDAGRI)や水資源庁(ANA)、森林・野生動物庁(SERFOR)、国立自然保護区管理局(SERNANP)から、不備の指摘や追加情報提出の要請が行われたことから、同社は回答や情報を提出、現在はこれらの機関からの返答を待つ状況となっている。
 EIA-dによれば、本製錬所の建設期間は約2年間で、銅カソードのほか副産物である金精鉱や銀精鉱、硫黄、黄鉄鉱精鉱、硫酸マンガンが生産される計画となっている。

ページトップへ