閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
コバルト ニッケル
2021年6月30日 シドニー Whatmore康子

豪:QLD州上訴裁判所、ビジネスマンPalmer氏のMineralogy社にQueensland Nickel社への負債102mA$を返済するよう判決を下す

 2021年6月26日付けの地元メディアによると、QLD州上訴裁判所は、著名なビジネスマンであるClive Palmer氏が所有する豪Mineralogy社に対し、同社の負債額102mA$を豪Queensland Nickel社に返済するよう判決を下したことを明らかにした。Queensland Nickel社も同氏によって所有され、QLD州Yabuluニッケル・コバルト精錬所の操業を行っていたが、2016年に任意管理手続きに入っており、同社の管財人は、Mineralogy社に同社の負債額である102mA$をQueensland Nickel社に返済するよう要求した。しかしQLD州最高裁判所は2020年6月、この負債がQueensland Nickel社の親会社である豪QNI Resources社と豪QNI Metals社のJVによる融資に基づくもので、Queensland Nickel社は同JVの代理としてMineralogy社に送金を行ったに過ぎないことから、負債の返済を受けるべきではないという決定を下していた。一方、同上訴裁判所は、Queensland Nickel社は同JVの被信託社としてMineralogy社に送金を行ったため負債を返済される権利を有するとして、同最高裁判所の判決を覆したとされている。

ページトップへ