閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
鉄鉱石 アルミニウム/ボーキサイト ニッケル
2021年6月30日 ジャカルタ 川村伸弥

インドネシア:North Kalimantan州にニッケル・EV産業を計画

 地元メディアが2021年6月21日に伝えたところによると、インドネシアNorth Kalimantan州では、ニッケル製錬所、アルミニウム製錬所、製鉄所、電気自動車(EV)産業が計画され、巨大な水力発電所の建設が予定されている。同州のKaltara統合グリーン経済圏を開発しているPT Indonesia Strategis Industriは、アルミニウム製錬所開発を計画しているPT Alumina Indonesia、製鉄所建設を計画しているPT Prime Steel Indonesia、フェロニッケル製錬所開発を計画しているPT Nickel Industri Indonesia、EV製造工場開発を計画しているPT Indonesia Emobil Idustri及びそのパートナーであるPT General Battery Indonesiaなど、多くのテナント候補とMOUを締結している。
 この地域で合計9,000MWの水力発電所の開発を計画しているPT Kayan Hydro EnergyのKhaeroniディレクターは、4,868haの工業地帯は、水電解技術を導入するPT First Hydrogenics Indonesiaが開発する水素産業エコシステムのパイロットプロジェクトの実施場所にもなる予定と述べた。水力発電所は5つのフェーズに分けて開発され、第1フェーズでは90万kW、第2フェーズでは120万kW、第3フェーズと第4フェーズではそれぞれ180万kW、第5フェーズでは330万kWの設備容量を予定しており、2025年には第1期の水力発電所が運転を開始する予定。

ページトップへ