閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ニッケル
2021年6月30日 ジャカルタ 川村伸弥

インドネシア:PT PLN、PTVI製錬所プロジェクトへの電力供給を計画

 地元メディアが2021年6月21日に伝えたところによると、インドネシア国営電力会社PT PLNは、インドネシア証券取引所(IDX)上場のPT Vale Indonesia(PTVI)のSulawesi島でのニッケル製錬プロジェクトに対し電力を供給する準備ができており、まだPTVIとの間でMOUや取引契約を締結していないものの、既に詳細な議論をしていると述べた。PTVIは、Central Sulawesi州Bahodopiにフェロニッケル製錬所を、Southeast Sulawesi州Pomalaaに高圧酸浸出製錬所を開発し、電気自動車(EV)用バッテリーの材料となる混合硫化沈殿物を生産する計画で、Bahodopiの最終投資決定(FID)は2021年末から2022年初めに、PomalaaのFIDは2022年に行われる予定である。また、Bahodopiの発電所開発には、PT PLNの他、PT Pertamina Power Indonesia(PPI)-PT Medco Power Indonesia-Kansai、Tripatra-BP、Golar-Equinoxの3つのコンソーシアムが関心を示している。

ページトップへ