閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2021年7月1日 サンティアゴ 兵土大輔

チリ:Lithium Chile社、Carmona金・銀・銅プロジェクトで斑岩型銅・金鉱化を発見

 2021年6月29日付け地元メディアによると、Lithium Chile社は、Carmona金・銀・銅プロジェクトで地表調査を実施した結果、高品位の含金‐銀‐銅鉱脈および斑岩型銅・金鉱化を発見した。同地域は、チリ中央部の斑岩型鉱床帯の一角に位置しており、大規模に発達した構造と斑岩型銅・金および高品位の銅・銀・金鉱脈型鉱床に関連すると考えられる貫入岩が分布する。
 同社により同地域内の露頭からサンプリングした地化学探査の結果、品位:Au 0.6~29.5g/t、Ag 2.2~235g/t、Cu 0.4~3.8%の結果が得られたと報告された。また、土壌地化学探査の結果、最大品位:Au 0.47g/t、Ag 1.9g/t、Cu 0.236%の地化学異常が認められており、地表調査の結果から大きく3つのポテンシャル地域(1地域あたり1~4km2)が抽出されている。
 同社はボーリング調査を前提に、次のステップとして物理探査(IP探査)を実施するとコメントしている。

ページトップへ