閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2021年7月2日 バンクーバー 佐藤すみれ

メキシコ:Boleo銅鉱山拡張に係る環境影響評価(MIA)が承認

 2021年6月28日付け地元紙によると、Boleo銅鉱山(Baja California Sur州)拡張に係る環境影響評価(MIA)が承認されたことが、地元Mulegé自治体の発表により明らかとなった。同鉱山のオペレーターであるMinera y Metalúrgica El Boleo(MMB)社は2019年にMIAの申請を開始したものの、2021年4月にAndrés Maunel López Obrador大統領が本件に難色を示したことを経緯に、2021年6月に住民投票が実施され、約9割の賛成票を得てMIA承認に至った。しかしながら、地元自治体の情報によると、環境天然資源省は条件付きでMIAを承認し、MMB社が基準を満たすには3~4か月を要することが予想されていると報じられた。

ページトップへ