閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
鉄鉱石
2021年7月7日 シドニー Whatmore康子

豪:Fortescue社、WA州Chichester Hub鉄鉱石事業でズリ石の成分を利用した植生促進プロジェクトを共同研究センター「CRC TiME」と実施へ

 2021年7月2日付けの地元メディアによると、豪Fortescue Metals社は、同社のWA州Pilbara地域Chichester Hubにおける鉄鉱石事業で、ズリ石の成分を利用した植生促進のプロジェクトを、鉱山跡地の管理に関する共同研究センター「CRC Transformation in Mining Economies(CRC TiME)」と実施することを明らかにした。同プロジェクトは鉱業跡地のリハビリテーションを向上させるという目的のもと、CRC TiMEとパートナーシップを結ぶWestern Australia大学及びWA州Curtin大学が、植物微生物システムに関する知識に基づき、ズリ石に含まれる窒素など植物の栄養素となる成分を、貯蔵された土壌で増加させる実験を試験場や温室で12か月間に渡り実施するものであるとされている。CRC TiMEによると、Pilbara地域では植物の成長に不可欠とされる表土が非常に薄い上、鉱業活動によってそれらの土壌が更にダメージを受けることになるとされている。Chichester HubはCloudbreak鉄鉱石鉱山やChristmas Creek鉄鉱石鉱山などでの操業が行われており、年間生産能力が約100百万tであるとされている。

ページトップへ