閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
亜鉛 アルミニウム/ボーキサイト
2021年7月9日 北京 塚田裕之

中国:銅・アルミ・亜鉛の国家備蓄放出、2021年第1回目入札結果(速報)

 2021年6月16日に公告された銅、アルミ、亜鉛の国家備蓄放出(2020年6月24日付 ニュース・フラッシュ:国家糧食・物資備蓄局、銅・アルミ・亜鉛の国家備蓄の放出を公告(続報)参照)について、資源価格が高騰する中、製造企業の原材料コスト負担軽減と市場価格の安定を図るため、2021年6月に国家備蓄局は、国務院常務委員会会議に基づき、銅・アルミ・亜鉛等の国家備蓄を複数回に分けて放出すると公告を出し、第1回目の公開入札が2021年7月5~6日に実施されることが公表されていた。
 2021年7月8日付け当地報道によると、2021年7月5日に、予定どおり銅2万t、アルミ5万t、亜鉛3万t、計10万tの第1回目入札が実施された。当初の予定では、公開入札期間として2021年7月5~6日の2日間が設けられていたが、銅やアルミは1日で予定数量が落札された。銅2万tは100t毎、アルミ5万tは250t毎に200ロットに分けられ、電子取引プラットフォームで実施されたが、銅は入札開始から1時間余りで、アルミも同日の夜までには全て落札された模様である。
 また、アルミは約18,075元/tで落札され、2021年7月5日付け上海先物取引所(SHFE)のアルミ先物の清算値を5.3%下回った。銅の落札価格は約67,700元/tで、上海先物取引所の2021年8月渡しの先物価格より1.6%下回った。今回は2021年第1回目の放出であったが、今後も市場の動向や放出の効果を見ながら数回の放出が予想されている。

ページトップへ