閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
リチウム
2021年7月13日 バンクーバー 佐藤佑美

米:豪ioneer社、米NV州Rhyolite Ridgeリチウムプロジェクトに関して韓EcoPro Innovation社とオフテイク契約を締結

 2021年6月30日付けプレスリリースによれば、豪ioneer社は、米NV州のRhyolite Ridgeリチウムプロジェクトで生産する炭酸リチウムに関し、韓国の前駆体大手EcoPro Innovation社と最大3年間のオフテイク契約を締結した。ioneer社は、EcoPro Innovation社に対し2千t/年、オプションとして追加で5千t/年の計7千t/年の炭酸リチウムを供給する。同プロジェクトの資源量は146.5百万t(Li 品位:1,600ppm、炭酸リチウム換算品位:0.9%)、マインライフは26年で、2023年Q4の生産開始を目指す。
 なお、開発対象地域には「Tiehm’s Buckwheat」と呼ばれる希少な花が群生しており、2021年6月に米国魚類野生生物局(US Fish and Wildlife Service)がこれを絶滅危惧種として登録することを提案すると発表したほか、2019年には環境保護団体がioneer社に対し探鉱権を付与した規制当局を提訴している(同社が追加対策を講じるとしたため、2020年1月に提訴は取り下げられている)。

ページトップへ