閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
鉄鉱石
2021年7月13日 シドニー Whatmore康子

豪:Rio Tinto、鉄鋼バリューチェーンが低炭素排出に移行するための技術開発などを共同実施するMOUを韓POSCO社と締結

 2021年7月8日付けのメディアによると、Rio Tintoは、鉄鋼バリューチェーンが低炭素排出に移行するための技術を韓POSCO社と共同で開発及び実証するMOUを締結したことを明らかにした。両社はこのMOUに基づき、鉄鉱石の採掘から製鉄までの鉄鋼バリューチェーン全体で脱炭素が達成されるために、Rio Tintoの選鉱技術やPOSCO社の製鉄技術の統合を行うなどして、様々な技術を開発及び実証するとしている。Rio Tintoは2021年2月、自社のサプライチェーンを通じて排出されるScope3排出量を削減する目標を設定しており、これらの目標には、同社が顧客と共同で、2050年までに製鉄による温室効果ガス(GHG)排出が実質ゼロとなるポテンシャルを含む低炭素排出の製鉄技術を開発することなどが含まれるとしている。

ページトップへ