閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ニッケル
2021年7月14日 ジャカルタ 白鳥智裕

インドネシア:PT PLN、Silkroad Nickel社の製錬所に電力を供給

 2021年7月7日付け地元メディアによると、国営電力会社PT PLNは、シンガポールSilkroad Nickel社のインドネシア現地法人であるPT Anugerah Tambang Sejahtera(ATS)が所有する中央Sulawesi州Morowaliのニッケル製錬所への電力供給を間もなく開始する見込みである。
 PT PLNのSulawesi地域事務所のLeo Basuki Brahmana部長によると、PT PLNは2021年7月1日に、ニッケル製錬所の能力を拡大しているPT ATSへの電力供給に関して、覚書(HoA)および非開示契約を締結した。
 PT ATSのニッケル銑鉄製錬所は、高炉とロータリーキルン電気炉の技術を応用している。
 Brahmana氏によると、2021年8月の第1フェーズではPT PLNがPT ATSに5.54MVA(メガボルトアンペア)の電力を供給し、2022年2月の第2フェーズでは8.66MVAに増加し、さらに2022年8月の第3フェーズでは85MVAに増加し、最終的に2023年8月の第4フェーズでは170MVAに達する。
 Silkroad社は子会社のPT Teknik Alum Serviceを通じて、Morowaliでニッケル鉱山を運営している。

ページトップへ