閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2021年7月19日 サンティアゴ 兵土大輔

チリ:鉱業等に関連する仲裁サービスの提供を目的とした鉱業仲裁調停センターが発足

 2021年7月14日付けで、鉱業、エネルギーおよび環境の仲裁サービスの提供を目的とした鉱業仲裁調停センター(Centro de Arbitraje y Mediación Minero:CAMMIN)が正式に発足した。同センターは、鉱業、エネルギーおよび環境分野の幅広い知識を持つ専門家から構成されている。なお、同センターによると、チリの鉱業では毎年約200件の論争が報告されているという。
 同センターの委員会メンバーは、José Luis López氏(審判の裁判官)、Patricio Cartagena氏(チリ鉱業商工会議所事務局)、Cristián Quinzio氏(Freeport McMoRan、CODELCO元顧問弁護士)、Manuel Viera氏(チリ鉱業商工会議所会頭)、Carlos Llaumett氏(チリ大学地質学教授)等の9名で構成されている。

ページトップへ