閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
亜鉛
2021年7月19日 バンクーバー 佐藤佑美

加:Teck Resources社、2021年版の気候変動対策レポートを公開

 2021年7月14日、加Teck Resources社は、2030年までに炭素強度を33%削減し、2050年までにカーボンニュートラルを達成するための戦略指針を示した気候変動対策レポート「Climate Change Outlook 2021」を公開した。同社は本レポートの中で、低炭素社会の実現に向けたいずれのシナリオにおいても銅、亜鉛、原料炭の継続的な需要を見込んでいるとした上で、20年後には世界で必要とされる金属鉱物資源の主要生産者になるとしている。特に力強い需要の伸びが期待される銅に関しては、チリのQuebrada Blanca銅鉱山のフェーズ2を筆頭にポートフォリオのリバランスを行い、亜鉛では米Red Dog亜鉛鉱山の拡張可能性を含む事業の最適化を図ることで、野心的なカーボンニュートラル目標の達成を目指す。

ページトップへ