閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2021年7月20日 ロンドン 倉田清香

英:Critical Minerals Association、ESGに関する英国政府への提言「重要鉱物の責任ある調達のためのブループリント」を公表

 英Critical Minerals Association(CMA)は、2021年7月12日付けで、ESGペーパー「重要鉱物の責任ある調達のためのブループリント(A Blueprint for Responsible Sourcing of Critical Minerals)」を公表した。本ペーパーの目的は、英国が鉱業界及び重要鉱物の責任ある調達において世界のリーダーになるための課題及び機会を概説することである。重要鉱物は英国のグリーン産業革命を可能とするために不可欠であり、本ペーパーにおいては、鉱業におけるESGの複雑な状況への英国政府による対処に資するものとして、重要鉱物の責任ある調達を保証するために講じうる措置について提言を行っている。具体的には、下記の内容に関して緊急的な行動を取ることを英国政府に対し提言している。

  1. 重要鉱物部門のESGに関する英国のリーダーシップ
    • 英国政府からのコミットメント声明
    • 責任あるバリューチェーンのESGレーティングシステム
  2. 英国の重要鉱物への責任ある投資
    • 資本へのアクセス、ESG目標の設定、責任ある調達、イノベーション
    • タレントパイプラインの支援
    • 計画と認可の合理化
  3. コラボレーションの推進
    • 中央調整機関
    • 複数の利害関係者によるフォーラム
    • 国際協力
ページトップへ