閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2021年7月20日 ヨハネスブルグ 原田武

南ア:Sibanye-Stillwater、金坑内採掘鉱山について10年程での閉山に言及

 2021年7月14日付けメディアによると、Sibanye-Stillwater社は、南アに所有するBeatrix、Driefontein及びKloof金鉱山について、今後10年ほどで閉山する可能性が高い。同社広報担当のJames Wellsted氏によれば、老朽化した資産を活用することが難しくなっており、金価格が大幅に上昇し、投資環境が改善されない限り、Beatrix金鉱山を2026年以降において採掘する可能性は低い。また、最深部が4kmに達するDriefontein金鉱山においては2030年頃には鉱量が枯渇し、Kloof金鉱山では、2033年には枯渇する見込みである。南アは、規制の不確実性、電力や人件費の高騰、地域社会の抗議行動や暴動などにより、金鉱山開発への投資の魅力は薄れている。新規投資を検討する場合、南ア以外の金の資産を検討する可能性がある。

ページトップへ