閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
アンチモン チタン 亜鉛 アルミニウム/ボーキサイト 水銀 ニッケル マグネシウム
2021年7月21日 北京 塚田裕之

中国:アルミ生産、雲南省の電力規制により2か月連続で減少

 2021年7月15日付け報道によると、雲南省の電力規制による生産制限により、中国の2021年6月の一次アルミ生産量は2か月連続で減少した。
 中国国家統計局によると、中国の2021年6月の一次アルミ生産量は329万tで、2021年5月の332万tより0.9%減少したが、対前年同月比9.3%増加した。2021年1~6月の中国一次アルミ生産は過去最多の1,964万tに達し、対前年同期比10.1%増加した。アルミ価格は10年ぶりに最高値を上ったため損益ラインを遥かに上回り、製錬所の生産が一層加熱した。
 国内の10分の1のアルミ生産能力がある雲南省では、水力発電が多いが、2021年5月以降深刻な干ばつで発電に問題が生じ、現地政府は製錬所にエネルギー消費を抑えるよう求めている。その後干ばつはやや緩和し、規制措置を徐々に解除したが、2021年7月12日の週、雲南省は再び亜鉛や錫の生産企業に電力規制を要請、しかし2021年第3四半期の生産には影響しないとみられる。2021年通年のアルミ生産量は、2021年第4四半期に製錬能力が追加され、40百万tレベルに達する見通しである。
 中国国家統計局によると、2021年6月の10種(銅・アルミ・鉛・亜鉛・ニッケル・錫・アンチモン・水銀・マグネシウム・チタン)非鉄金属の総生産量は549万tで、前月の545万tを上回り、対前年同期比8%増加、2020年12月以来の水準となった。2021年1~6月では対前年同期比11%増の3,255万tであった。

ページトップへ