閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2021年7月26日 バンクーバー 佐藤すみれ

パナマ:Cobre Panamá銅鉱山で尾鉱の流出が発生

 環境省は2021年7月17日、Cobre Panamá銅鉱山において2021年7月14日に尾鉱の流出が発生したことを公表した。オペレーターであるMinera Panamá社が発表した文書によると、尾鉱輸送パイプで発生した事故により汚水が漏えいし、付近の川に流出した。事故発生から約12分後に輸送が停止され、河川の濁度は一時的に高くなったものの、2時間後には通常に戻り、現在は浄化作業が進められていると報告された。また現在、環境省および検察庁が共同捜査を進めており、2021年7月17日時点の環境省発表によると、破損したパイプの接合部に摩耗が認められた。その後2021年7月20日付け発表では、今回の事故により水質および土壌汚染が生じた可能性があることから訴訟の提起に向けた報告書作成に取り掛かるほか、検察庁は環境犯罪としての処分検討を進めることを明らかにした。

ページトップへ