閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2021年7月27日 サンティアゴ 兵土大輔

チリ:Antofagasta Minerals社、2021年第2四半期の生産量が減少

 2021年7月21日付けAntofagasta Minerals社によると、2021年第2四半期の銅生産量は178.4千tで、対前期比2.5%減少した。また、2021年上半期の銅生産量は361.5千tであり、対前年同期比2.8%減少した。同社によると、Zaldívar銅鉱山の鉱石品位の低下が減少の要因の一つと予想されている。なお、同社の2021年銅生産量については、当初見込みの730~760千tを維持すると報告されている。
 一方、2021年第2四半期の金生産量は61.4千ozで、対前期比3.9%増加した。また、2021年上半期の金生産量は120.5千ozであり、対前年同期比8.5%増加した。

ページトップへ