閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
バナジウム
2021年7月27日 ヨハネスブルグ 原田武

南ア:バナジウム生産者Bushveld Minerals、第2四半期の生産量は回復

 2021年7月21日付け南ア・バナジウム生産者Bushveld Minerals社の発表によると、2021年第2四半期(3~6月末期)の生産量は886t(バナジウム換算量、以下同様)であり、2021年第1四半期(1~3月末期)の688tより28.8%増であった。第1四半期には、生産主体のVametco社における35日間のメンテナンスのため減産したが、その後、第2四半期には生産が安定した。先のメンテナンスの影響もあり、第1半期(1~6月末期)の生産量は1,574tで、2020年同期比で5.2%減になった。今後は生産が安定し、年間の生産ガイダンスは3.4~3.6千tになる予定。同社CEOのFortune Mojapelo氏は「中国の鉄鋼生産の増に支えられバナジウム需要は旺盛。レドックスフロー電池の応用にも勢いがあり、今後も市場のファンダメンタルズがバナジウム価格を支えると期待する。」と述べた。

ページトップへ