閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2021年7月27日 ジャカルタ 白鳥智裕

インドネシア:Metso Outotec社、Freeport社のManyar銅製錬所向けに360m€の受注を獲得

 2021年7月21日付け現地メディアによると、フィンランドMetso Outotec社は、東Java州Gresikに建設されるManyar銅製錬所コンプレックスの納入に向けて、360m€のエンジニアリング、技術契約及びライセンス契約を締結したこと報告した。
 Manyar銅製錬所のオーナーはPT Freeport Indonesiaで、PT Chiyoda International IndonesiaがEPC契約者となる。
 Metso Outotec社の調達品は、同社のMetso Outotec社のフラッシュスメルティング、フラッシュコンバーティング、Lurecテクノロジーで、ライセンス契約に基づくものである。製錬所コンプレックスの主要エリア、銅電解製錬所、ガス洗浄・硫酸プラント、スラグ精錬所、排水処理プラントの主要プロセス機器およびプロセス制御システムの設計及び調達を行う。
 Metso Outotec社は、この1.7百万t/年の銅精鉱製錬所のために、一部のフロントエンドエンジニアリングデザイン(FEED)およびその他のアドバンスドエンジニアリングサービスを提供してきた。同製錬所は2024年に操業を開始する予定である。

ページトップへ