閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2021年7月28日 バンクーバー 佐藤佑美

米:Rio Tinto、Kennecott銅鉱山の坑内掘り移行に108mUS$投資

 Rio Tintoは、2021年7月22日付けプレスリリースにおいて、米UT州Kennecott銅鉱山(Bingham Canyon)の坑内掘りへの早期移行及び鉱体調査に対し108mUS$を投資することを発表した。本決定は、2020年初頭、坑内掘りへの移行に関するPFSを実施するために承認された25mUS$の投資判断に続くもの。FSは2024年に完了する計画で、現行の露天掘りと同時並行で坑内掘り開発が行われる可能性があり、銅生産量の増加が期待される。また、坑内掘りでは、CO2排出量を削減するためバッテリーを搭載したローダー及びトラックの試運転も検討されている。なお、同社は現在、Kennecott銅鉱山での露天掘り操業を2032年以降に延長するためのPFSを進めている。

ページトップへ