閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
亜鉛
2021年7月29日 バンクーバー 佐藤佑美

加:Teck Resources社、2021年Q2業績は銅価格に支えられ引き続き好調

 加Teck Resources社が2021年7月26日付けで公表した2021年Q2業績によれば、収益は前年同期比48.7%増の2,558mC$、調整後株主帰属利益は2020年同期比281%増の339mC$(1株あたり0.64C$)であり、引き続き銅価格の上昇(LME銅価格平均:2020年Q2 4.40US$/lb、2021年Q2 2.43US$/lb)が好調な業績をサポートする要因となった。販売量は銅66千t(2020年同期55千t)、亜鉛精鉱65千t(同101千t)、製鋼用原料炭6.2百万t(同5.0百万t)であった。チリでは新型コロナウイルスの感染者数が急増する等厳しい状況が続いたものの、Quebrada Blanca銅鉱山のフェーズ2(QB2)に向けた建設作業は順調に進められており、2021年8月上旬には60%が完了する見込み。なお、2021年年間生産計画は、銅275~290千t、亜鉛精鉱605~630千t(米AK州Red Dog亜鉛鉱山の高いパフォーマンスにより上方修正)、製鋼用原料炭25~26百万t(加BC州で発生した山火事の影響により下方修正)の予定。

ページトップへ