閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
グラファイト コバルト ニッケル マンガン リチウム
2021年7月30日 バンクーバー 佐藤佑美

加:First Cobalt社が廃LIBからの有価金属抽出に成功

 加First Cobalt社は、2021年7月22日付けプレスリリースにおいて、使用済みリチウムイオン二次電池(LIB)を解体・破砕して得られる中間材料「ブラックマス」から、ニッケル、コバルト、銅、マンガン、リチウム、グラファイトを抽出することに成功したと発表した。同社は現在、加ON州において北米初となるコバルト精錬所の再稼働計画を進めているが、既存のフローシートを変更することで、当初想定されていたニッケル、コバルト、銅、マンガンに加え、リチウムとグラファイトの回収にも対応することが可能であるとしている。本リサイクル事業に係るエンジニアリング調査は2021年Q4に完了する見込みで、今後は州政府からの許認可取得手続きと並行しながら、同精錬所でのパイロット試験実施を目指す。

ページトップへ