閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
コバルト
2021年7月30日 シドニー Whatmore康子

豪・フィンランド:Jervois Mining社、米Freeport-McMoRan社が所有するフィンランドのコバルト精錬事業を160mUS$で買収へ

 2021年7月27日付けの地元メディアによると、豪Jervois Mining社は、米Freeport-McMoRan社が加Lundin Mining社、DRコンゴGécamines社とのJVで所有するFreeport Cobalt社を160mUS$で買収することで、これらの3社と合意したことを明らかにした。フィンランドのKokkolaコバルト精錬所については、Freeport Cobalt社が約40%、ベルギーUmicore社が約60%の権益比率で保有しており、Jervois社はFreeport Cobalt社を買収することによって、2093年まで同精錬所における15千t/年の精錬能力のうち6.25千t/年を使用することが可能となる。Jervois社は、Freeport Cobalt社の買収資金として313mA$を新株式発行により調達するとしているが、これらのうち、50mA$に相当する株式に豪州の年金大手で同社の大口株主であるAustralian Super社が出資するほか、Freeport-McMoRan社が66mA$に相当する株式に出資するとしている。また、Jervois社はKokkola精錬所で製造される水酸化コバルトなどのコバルト製品の販売においては、Freeport Cobalt社の顧客を引き継ぎ、欧州、米国、日本などに向けてこれらの製品を輸出するとしている。

ページトップへ