閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2021年8月2日 サンティアゴ 兵土大輔

チリ:2021年上半期、環境評価局に提出されたプロジェクトは対前年同期比13.7%増

 2021年7月20日付け地元メディアによると、2021年上半期に環境評価局(SEA)へ提出されたエネルギーや鉱業等のプロジェクト件数は、対前年同期比13.7%増の586件、投資合計額が前年同期比13.4%増の36.2bUS$であった。
 部門別では、エネルギーが333件(前年同期259件)で投資額28.0bUS$(同21.4bUS$)、鉱業は56件(同45件)で3.3bUS$(2.2bUS$)であった。州別では、Antofagasta州の投資額が最も多く14.6bUS$で、次にTarapacá州が同7.2bUS$、首都(Región Metropolitana de Santiago)州が同3.3bUS$となっている。

ページトップへ