閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2021年8月5日 リマ 初谷和則

ペルー:Bellido首相、南部鉱物輸送道に係る社会争議を2か月間で解決すると提案

 2021年8月2日付け等現地報道によると、Bellido首相は、Cusco州Chumbivilcas郡でLas Bambas銅鉱山への抗議の道路封鎖が2021年7月23日から行われていることを受けて、2021年8月2日に同地を訪問し、南部鉱物輸送道を巡る社会争議を2か月間で解決することを提案した。
 住民らは、道路のカテゴリーの変更やMMG Las Bambas社の精鉱輸送トラック300台通過で発生する粉塵を低減するための散水などを要求している。
 Bellido首相は、エネルギー鉱山大臣や環境大臣と共に現地の協議会に出席し、本問題を即座に解決することは難しいが、今後2か月間でMinera Las Bambas社と交渉し解決を模索するとの方針を示した。そして住民らは、同期間中は道路封鎖を行わないことに合意した。
 なおMinera Las Bambas社は、2021年7月末の声明で、道路封鎖は継続しているものの、港には契約に基づく出荷履行に必要なストックが十分存在するとコメントしている。

ページトップへ