閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2021年8月5日 バンクーバー 佐藤すみれ

メキシコ:Sonora州鉱業クラスター、同州の治安悪化と鉱業従事者への被害を懸念

 2021年7月30日付けで、Sonora州鉱業クラスターは、同州の治安状況に対し懸念を示す声明を発表した。声明の中で特に北部のMagdalena de Kino自治体およびCaborca自治体の治安悪化に言及している。同州では数か月前より複数の鉱業関係者が行方不明となっており、直近では2021年7月28日に請負業者職員1名がYaqui川から遺体で発見された。声明の中で、一連の事件により、鉱業関係者は移動中や日々の業務において極度の不安を感じているほか、鉱業が経済的・社会的発展の要となっている地域において、関係者が複数行方不明になっている状況を遺憾に思うと述べている。また、労働の権利や自由な移動の権利を侵害する問題に対し、同州鉱業クラスターは市民代表として当局へ対応を求めている。

ページトップへ