閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2021年8月5日 ジャカルタ 白鳥智裕

インドネシア:Grasberg銅・金地下鉱山開発は予定どおり

 2021年7月22日付けFreeport-McMoRan社(FCX)の2021年第2四半期報告等によると、PT Freeport Indonesia(PTFI)のGrasberg銅・金地下鉱山の生産は計画どおりである。同鉱山の地下鉱石の平均生産能力は、2021年第2四半期に約78%に達した。生産能力は2021年末までには100%に達する見込みである。
 また、同時期にGrasberg block cave地下鉱山とDMLZ(Deep Mill Level Zone:DMLZ)block cave地下鉱山の平均鉱石生産量を合わせると鉱石生産量は118.3千t/日に達した。Grasberg block cave地下鉱山に至っては、記録的な107千t/日にも達した。41のドローベル(drawbell)を追加し、Grasberg block cave地下鉱山とDMLZ block cave地下鉱山のドローベルの総数は、460以上となった。
 Grasberg銅・金地下鉱山のramp-upが完了した際には、その後数年間にわたって、平均生産量は銅1.55十億lb(約703千t)/年、金1.6百万oz/年が可能になる。2021年の生産量は、1.3十億lb(約369千t)、金1.3百万ozを見込んでいる。

ページトップへ