閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ジスプロシウム テルビウム セリウム ネオジム プラセオジム ランタン レアアース/希土類
2021年8月6日 北京 塚田裕之

中国:2021年1~6月の酸化ランタン及び酸化セリウム輸出量、対前年同期比増加

 2021年7月30日付け現地報道によると、中国における2021年6月の酸化ランタン輸出量は対前年同月比60%増の959tで、前月より16%増加した。2021年1~6月では対前年同期比27%増の4,385tであった。
 2021年6月の酸化セリウム輸出量は対前年同月比62%増の261tで、前月より23%減少した。2021年1~6月では対前年同期比24%増の1,996tであった。
 
中国:2021年1~6月の酸化ランタン及び酸化セリウム輸出量、対前年同期比増加
 2021年1~6月の輸出先については、酸化ランタンは米国(2,180t、50%)、日本(668t、15%)、韓国(556t、13%)、ブラジル(400t、9%)、イタリア(154t、4%)、酸化セリウムはオランダ(374t、50%)、日本(303t、15%)、韓国(210t、11%)、イタリア(185t、9%)、フランス(175t、9%)であった。酸化ランタンおよび酸化セリウムの製品価格も下落傾向にあり、2021年7月のセリウム・ランタン金属の平均価格はいずれも対前年同月比6%下落の2.85万元/tであった。
 2021年7月、中国の酸化ランタンの平均価格は対前年同月比19%減の8,750元/tで、酸化セリウムは対前年同月比15%減の9,191元/tであり、内モンゴルにある一部の金属メーカーは、高温による電力規制を実施し金属生産量を減らしたが、それでも価格上昇には至らなかった。一方、他のレアアースの主な品目、例えば酸化プラセオジム・ネオジム、酸化テルビウム、酸化ジスプロシウムの価格は、2021年7月に対前年同月比それぞれ90%、57%、35%上昇した。
 欧州のユーザーが夏期休暇中のため、中国の2021年7月の酸化ランタン、酸化セリウムの輸出量は年間でも比較的低水準で、前月より下落する予想である。

ページトップへ