閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2021年8月16日 リマ 初谷和則

ペルー:Minsur社、Pucamarca金鉱山ピット拡張などに38mUS$の投資を計画

 2021年8月10日付け現地紙によると、Minsur社は、Pucamarca金鉱山(Tacna州)の環境影響調査修正書(MEIA)に係る4度目の技術根拠報告書(ITS)を持続可能環境投資許可庁(SENACE)に提出した。
 ITSでは、Checolloピットやリーチングパッドの拡張のほか、水銀の回収を目的とする処理プラントの技術改善、送電線やアクセス道の敷設などが計画されている。
 本鉱山は2013年に操業を開始した。500千ozの金が回収可能埋蔵量として存在し、マインライフは8年、その後の回収期間は2年とされる。

ページトップへ