閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2021年8月19日 リマ 初谷和則

ペルー:Cusco州Chumbivilcas郡、南部鉱物輸送道の封鎖を再開

 2021年8月16日付け現地紙によると、同日Cusco州Chumbivilcas郡では、Las Bambas銅鉱山への抗議のための道路封鎖が再開された。
 本地域では2021年7月23日から道路封鎖が行われていたが、2021年8月2日にBellido首相が南部鉱物輸送道を巡る社会争議を2か月間で解決することを提案し、本提案を受け入れた住民側は、同期間中は道路封鎖を行わないことに合意、その後道路封鎖は解除されていた。
 しかし、2021年8月11日に予定されていた対話協議会が設置されなかったことを受けて、住民らは2021年8月16日早朝から道路封鎖を再開した。抗議を実施する社会団体の1つであるChumbivilcas利益保護戦線のFuertes代表は、「道路封鎖の再開の事実を認めると共に、土地利用に対する公正な対価の支払いを求めている。」と主張している。
 一方Bellido首相は、道路封鎖の再開について、「複数の弁護士が住民を煽動しているとの情報を得ている。」とし、これら弁護士は現政権の不安定化を望む勢力と繋がっている可能性があるとの見方を示した。

ページトップへ