閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
リチウム
2021年8月20日 シドニー Whatmore康子

豪:Galaxy Resources社とOrocobre社の合併案、WA州裁判所の承認を取得して近日中に完了の見通し

 2021年8月16日付けのメディアによると、WA州や北米などでリチウム事業を行う豪Galaxy Resources社は、アルゼンチンのOlaroz塩湖でかん水からの炭酸リチウムを生産する豪Orocobre社との合併案がWA州裁判所の認可を取得し、近日中に完了する見通しであることを明らかにした。この合併案は両社が2021年4月に合意したもので、Galaxy社の株主が保有株1株につきOrocobre社の新規株0.569株を取得するという方法に基づき、Orocobre社がGalaxy社の全株を買収し、両社の株式資本のうちOrocobre社株主が54.2%、Galaxy社株主が残り45.8%を保有する新会社を設立するというものである。一方、Galaxy社は、2021年上半期の業績において売上高が前年同期比66%増の38.6mA$、純利益額が64.2mA$となり、前年同期における22.1mA$の損失額計上から好転したとしている。

ページトップへ