閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト マンガン
2021年8月23日 ヨハネスブルグ 原田武

南ア:South32社、マンガン鉱やアルミニウムにおいて生産増を示す

 2021年8月19日付けメディアによると、豪South32社の2021年6月末会計年度(2021年会計年度)における南ア国内のマンガン鉱山からの生産量は、2020年同期比21%増の2.26百万tに達した。同社は、南ア・北Cape州のKalahari盆地に位置するMamatwan及びWesselsマンガン鉱山に44%のシェアを持つ。本生産増は、2020年度におけるコロナ禍のロックダウンによる減産が影響している。2022年会計年度の南ア産マンガンの見通しは2.2百万tと発表している。
 アルミニウムについては、同社は南アRichards BayにHillside Aluminium製錬所を持つ。国有電力会社Eskomによるload-shedding(計画停電)の影響は大きかったものの、年間717千tを生産し、2020年同期比1千t程の増であった。

ページトップへ