閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
リチウム
2021年8月23日 ヨハネスブルグ 原田武

DRコンゴ:Manonoリチウム・錫プロジェクトにおける新規の着鉱を報告

 2021年8月16日付け豪AVZ Minerals社の発表によると、同社所有のDRコンゴManonoリチウム・錫プロジェクトにおけるボーリングの着鉱が報告された。同鉱床は北東から南西に延びるペグマタイトに賦存する鉱床であり、南西部に位置するRoche Dure岩体の鉱床は既にDFSが完了しており、埋蔵量93百万t(品位:Li2O 1.58%、Sn 988ppm)が計上されている。今回の着鉱は、北東部の別岩体Carriere de I’Esteに賦存する鉱床の北東延長にあたり、地表付近にてボーリング幅21.09m、品位:Li2O 2.1%、Sn 943ppmなどの分析値を得ている。Carriere de I’Este岩体においてもRoche Dure岩体と同規模の鉱床が期待される。今後、補間ボーリングを実施して埋蔵量の計上を行う予定。現状、同プロジェクトは、開発に向けての準備も進めており、環境社会影響評価の国の認可が完了し、採掘ライセンス取得のためのDRコンゴ政府の手続きが進んでいる。採掘ライセンスが2021年第3四半期に承認されれば、最終投資決定は2021年第4四半期中になる予定。

ページトップへ