閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
グラファイト
2021年8月30日 シドニー Whatmore康子

豪:Renascor社、SA州Siviourグラファイトプロジェクトにおいて精製球状グラファイトオフテイク契約のMOUを韓POSCO社と締結

 2021年8月25日付けのメディアによると、豪Renascor Resources社は、同社が進めるSA州Siviourグラファイトプロジェクトにおいて、電気自動車(EV)などで使用されるリチウムイオン電池(LIB)の材料となる精製球状グラファイト(Purified Spherical Graphite:PSG)のオフテイク契約に関するMOUを、韓POSCO社と締結したことを明らかにした。Renascor社はこのMOUに基づき、POSCO社に年間で20~30千tのPSGを供給する予定であるとしている。同プロジェクトは、Siviourグラファイト鉱床から鉱石を採掘してグラファイト精鉱を生産し、Adelaide港に同社が建設を予定する精製プラントでPSGを製造するというものであり、これまでに中国や日本の企業数社とPSGオフテイク契約のMOUを締結したとされている。Renascor社は同プロジェクトについて、Stage 1の段階ではPSGの生産能力を30千t/年とすることを予定していたが、今回、同社がPOSCO社と締結したMOUによってオフテイク契約量の合計が最大60千t/年に達したため、Stage 1の生産能力を増量することやStage 2の拡大についてのFSを開始したとしている。

ページトップへ