閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ウラン レアアース/希土類
2021年8月31日 ジャカルタ 白鳥智裕

インドネシア:PT Timah、レアアース工場の技術獲得に難航

 2021年8月23日付け現地メディアによると、錫大手PT Timahは、レアアースの鉱物処理プラントプロジェクトを実現するための技術の入手が困難であることを認めた。
 PT Timahの事業開発部長であるAlwin Albar氏によれば、錫鉱石採掘の副産物であるモナザイトからレアアース鉱物を生産する技術は、現在中国が独占している。同氏は、「錫鉱石の副産物を管理し、国家の経済成長、特にBangka Belitung州に良い影響を与えるためには、下流の技術を得るための政府の支援が必要だ。」と他の報道で述べている。
 PT TimahはBangka Belitung州Bangka Barat県で、モナザイト鉱石から希土類鉱物と放射性元素のウランやトリウムを分離し、希土類水酸化物と希土類炭酸塩を生産するモナザイト処理プラントの開発を計画している。同社は、必要な技術を持つ海外のパートナーを探していた。
 Alwin Albar氏によれば、技術が入手できれば、PT Timahは年間約1千tの原料生産能力を持つモナザイト処理プラントを開発する準備ができている。

ページトップへ