閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ミネラルサンド
2021年9月2日 ヨハネスブルグ 原田武

南ア:ミネラルサンド生産者RBM社、新規開発Zuti Southプロジェクトの遅れが操業に悪影響を与える

 2021年8月30日付けメディアによると、南アミネラルサンド生産者Richards Bay Minerals(RBM)社は、新規開発案件であるZulti South鉱床開発プロジェクトの遅れは、同社の生産に大きな影響を与えると語った。同社MDのWerner Duvenhage氏は「現在採掘対象のZulti North鉱床における品位低下が見られ、同鉱床だけでは2030年以降において、製錬所を運営することが難しくなってくる。Zulti South鉱床を追加できれば、マインライフが25年伸びる。」としている。現在RBM鉱山の操業は、地域の暴動を受け休止中であるが、操業再開に向け準備を進めている最中である。また同氏は、「現操業を再開し安定させるとともに、Zulti South鉱床の新規開発についても地域社会や政府との議論を再開すべきである。」と述べた。

ページトップへ