閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアアース/希土類
2021年9月2日 シドニー Whatmore康子

豪:Lynas社、急増するレアアースプロジェクトに関して過剰な資本投資のリスクを指摘

 2021年8月27日付けの地元メディアによると、豪Lynas Rare Earth社は、豪州で急増するレアアースプロジェクトに関し、過剰な資本投資のリスクが懸念されるとの指摘を行ったとされている。豪州では、レアアースの主要生産国である中国と米国との間で貿易摩擦が生じていることを背景に、豪連邦政府がレアアースプロジェクトを支援及び促進する姿勢を表明しており、同政府の輸出信用機関Export Finance Australiaは、豪Iluka社や豪Australian Strategic Materials社がそれぞれWA州、NSW州で進めるレアアースプロジェクトへの融資を検討しているなどとされている。一方、Lynas社のAmanda Lacaze CEOは、我々は資本集約的なバリューチェーンで事業を展開しており、また他のプロジェクトもそうしようとしているが、新規のレアアースプロジェクトが既存の競合他社と競争する際に過剰な資本投資を行った場合、事業が悪化するというリスクを抱えることになると指摘している。これらのリスクを回避するには、複数のレアアース企業が設備を共有することが一策となるとしている。Lynas社は、同社の年間の純利益とEBITDAが2020/21年度において157.1mA$、235.5mA$と、前年度の19.4mA$、59.7mA$から大幅に増加した。

ページトップへ