閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
亜鉛 レアアース/希土類
2021年9月2日 シドニー Whatmore康子

豪:スタートアップ企業Earth AI社、AIを利用したレアアースやクリティカルミネラルなどの探鉱事業において7.5mA$を調達

 2021年8月30日付けの地元メディアによると、豪州のスタートアップ企業Earth AI社は、同社の実施する人工知能(AI)を利用したレアアースやクリティカルミネラルなどの探鉱事業を拡大するため、米国など各国のベンチャーキャピタル企業や投資企業から7.5mA$を調達したことを明らかにした。Earth AI社の探鉱技術は、豪州の各鉱業企業が年次報告書で発表した過去40年間の地質データを統合し、これらのデータと米国航空宇宙局(NASA)のマルチスペクトル衛星データや米国国立公文書館の物理探査データを組み合わせ、AI技術であるニューラルネットワークの学習データベースを作成し、学習済みのニューラルネットワークに鉱徴地を予測させるというものである。同社によると、この技術による探鉱は可動性に優れたハードウェアを使用し、大型重機の使用や大掛かりな試錐を行う必要がないため、従来の探鉱と比較して大幅なコスト節減が可能であるとされている。同社は探鉱活動においては、レアアースやクリティカルミネラル、金など、リチウムイオン電池(LIB)やテクノロジー機器の材料となる金属に的を絞っており、現在はNT準州とNSW州で銅と亜鉛を対象とする探鉱プロジェクトを実施しているとしている。

ページトップへ