閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2021年9月3日 リマ 初谷和則

ペルー:Bellido首相、政策方針演説における鉱業への言及

 2021年8月26日、国会において内閣承認を申請するための政策方針演説を行ったBellido首相は、COVID-19対策や経済回復に必要な財源確保のため、「国際価格が大幅に上昇した資源」の採掘活動に対しては超過利益税の納付による貢献を求める旨発言し、Castillo大統領が公言した鉱業セクターにおける増税について改めて言及した。
 また、政府は「社会的利益」の基準や地域的視点に基づく投資を支援・促進するほか、鉱業・石油天然ガスセクターに関しては、ワンストップサービス導入により非生産的な手続きプロセスを廃止し、新規プロジェクトの早期開発を推進する方針を明らかにした。
 さらに、政府、企業、その他関係者との新たな合意に基づき、各地域の持続的開発に応じて調和的かつ生産的な関係づくりに取り組むほか、国の主導により、社会争議の根本要因を取り除く長期的な解決策を生み出したいと述べた。
 そして、政府は南部山岳地域(Cusco州、Apurimac州)とSan Juan de Marcona港(Ica州)をつなぐ南部鉄道建設を推進する計画であるとし、本鉄道は車両による鉱物輸送を巡る既存の問題解決につながるだけでなく、周辺プロジェクトの実現可能性を高めることにもなるとの考えを示した。さらに鉱害を巡る社会・環境問題を次世代に引き継がないためにも、確実な閉山履行のための保証を求めることなど明らかにした。

ページトップへ