閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
コバルト
2021年9月6日 ヨハネスブルグ 原田武

DRコンゴ:鉱山省、2021年上半期の鉱物生産・輸出実績を公表

 2021年8月31日付けにて、DRコンゴ鉱山省は2021年上半期の鉱物生産・輸出統計を発表した。銅の2021年上半期輸出量は872千tとなり、2020年同期比で11%増、2019年上半期比では29%増になる。コバルトについては、2021年上半期輸出量は44.65千tとなり、2020年同期比で15%増、2019年同期比では21%増になる。近年、コロナ禍の影響やGlencoreのMutanda銅・コバルト鉱山の休止など減産要因はあるものの、同国における銅・コバルトの新規開発や既存鉱山の増産の勢いがそれに勝っていることが統計データから伺える。本統計データはDRコンゴ鉱山省公式サイト内統計ページ(https://mines-rdc.cd/fr/les-statistiques-minieres)よりアクセス可能。

ページトップへ