閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
リチウム
2021年9月8日 リマ 初谷和則

ボリビア:炭化水素エネルギー大臣、2022年の炭酸リチウム産業プラントの完成とフル稼働の予定を報告

 2021年8月23日付け政府メディアの発表によると、Franklin Molina炭化水素エネルギー大臣は、ボリビアリチウム公社(YLB)が、ウユニ塩湖の炭酸リチウム産業プラントの建設スピードを加速させ、2022年には生産量が15千tに達する予定であると報告した。同大臣は、YLBにはリチウム電池とカソードの生産を早急に開始するという使命があるが、暫定政権期間中にプロジェクトは中断され、国内のプラントでも遅れが生じたと説明した。
 YLBのデータによれば、炭酸リチウム産業プラントの建設には約96.4mUS$の投資を要し、同プラントは年間15千tの生産能力を有する。

ページトップへ