閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2021年10月14日 シドニー Whatmore康子

豪:QLD州政府、25mA$を拠出してグループ訓練機関GTOと準見習い研修プログラムを共同実施へ

 2021年10月11日付けの地元メディアによると、QLD州政府は今後2年間に25mA$を拠出し、同政府指定のグループ訓練機関「Queensland Group Training Organisations(GTO)」との共同による準見習い研修プログラムを実施することを明らかにした。同プログラムは、エンジニアリング、建設、ホスピタリティの各分野において雇用に基づいた研修を行うというもので、エンジニアリングまたは建設に関する研修を修了した準見習いは、鉱業界で雇用されることが可能となる資格を取得することができる。今回、同政府が同プログラムを共同実施するGTOの数は合計7機関であり、これらの機関は今後、15~24歳の準見習いを合計300人以上雇用する予定である。また、QLD州資源評議会(QRC)は同プログラムに対する支援を申し出ており、同プログラムが同州の資源産業における技能保持者不足への取り組みとなる。

ページトップへ